気をつけるべきデメリット

近年の経済状況を反映し、学生ローンに頼らざるをえなくなる状況もあるだろうと思います。そこで、学生ローンのデメリットを述べたいと思います。

学生ローンは手軽に借りられることから返済計画を甘く見積もると、約束していた返済日に返済することが出来ず滞納してしまう可能性も出てきます。特に学生時代は友達との急な用事や、学業優先によってアルバイトを休んでしまったりする場合もあります。そうなると予定していた収入が無くなり、結果、返済が滞ってしまったりする可能性もあります。その場合、生活費等を削ってなんとか捻出しなければならなくなりますが、それでも返済額を捻出するのは非常に大変だと思います。やはり余裕をもった借り入れ、返済計画を練っていく必要があると思います。もし返済を滞納してしまいますと、休日返上で無理なシフトを入れなければならなくなったりして本業の学業に支障をきたすことになり、本末転倒な結果になります。また、何カ月も滞納すると記入された連絡先に連絡が行くことになり、その場合は親に借り入れしていたことが伝わってしまう可能性も出てくると思います。

このように賢く使えば急な出費に対応出来たり、また、返済計画通りにやり繰りすることによって養われる生活力を高めることにもつながる学生ローンですが、無理な返済計画や手軽さからの借りすぎによって、本業の学業に影響が出てきてしまうことも留意しておく必要があります。

メリット

学生ローンのメリットとしてまず挙げられるのはアルバイト等の収入があれば学生証のほかに保険証、免許証、住民票などの身分証明書のみで借り入れできる手軽さがあげられます。

また、親や兄弟に知られることなく借り入れできる点も見逃せないでしょう。学生ローン会社によっては電話での連絡を携帯にかけてくれたり、郵送書類がある場合は社名を伏せるなどの配慮をしてくれるところもあるみたいです。親に心配をかけたくないなどの事情がある人にとってはとても重要なポイントだと思います。

そして学生が借りるということから金利が低く抑えられている点もあります。また、学生時代に借入れ実績のある利用者は社会人になっても同じ金利で貸し出してくれる会社も存在します。

<参照>e-campus / 学生ローン契約申込
学生時に契約された方は社会人になっても借入ができます。

近年のネット環境の発達によって直接来店せずにネット経由ですべての申し込みが完了できる会社も存在します。これは来店しなければならなかった昔と比べて格段に便利になりました。また、店舗の存在しない地域の学校に通っている学生にとっても来店せずに借り入れできるというメリットもあります。さらに、専用のATMを設置している会社ならば365日毎日借り入れ可能な会社もあるみたいなのでATMカードを発行しておけば窓口が開いていない時間にも借り入れが出来て便利だと思います。

学生ローンで学費を工面

独立行政法人日本学生支援機構の実施している学生生活調査によると仕送り額は近年の経済状況を反映してか年々減少傾向にあり、平成26年度調査によれば約119万円となっています。

また、学生生活を送る上でかかる学費は、学部や部活動などにもよるが、教科書代、遠征費、就職活動費等結構な出費になる場合もあります。また、学生生活において、友人との急な飲み会などに参加したり、部活動で怪我したり、授業に必要な道具を揃えたりなどの急な出費をねん出しなければならない場合もあります。

そのような急な出費に対してアルバイトのみで賄えればそれに越したことはないですが、学業や部活動をこなしてのアルバイトではシフトを沢山入れることも難しいと思います。そんなときに親を頼らずに自分でお金を工面する方法として学生ローンを利用するのは賢い選択だと思います。

学生ローンは学生の街として名高い高田馬場が発祥の地と言われています。学生証と免許証等の身分証明書で自由に借り入れられる手軽さで広まっていき、近年では北海道から沖縄まで全国のある程度大きい都市なら大学や専門学校の近くに学生ローンの看板を見かけるまでになりました。

「ローン」と聞くと借金などのマイナスイメージを抱く人も多いと思いますが、近年では年収の1/3を超える貸し付けを禁止したり、グレーゾーン金利の廃止など様々な法整備も進み、学生のための学生ローンは以前より安心して借りられる制度が整っています。